住宅ローンの事前審査
スポンサードリンク

「住宅ローン」賢い人はこう借りる!改訂版
スポンサードリンク

長期固定に繰上返済はトクしない!?住宅ローンの(秘)新常識

事前審査とは

事前審査というと数多くの色々なローンなどにおいて行われるものを言いますが、ここでは住宅ローンの事前審査に限定してお話をしたいと思います。もちろんクレジットカードや各種キャッシングなどの申し込みにも事前審査というものがありますが、金額が住宅ローンほど多額ではないのでいきなり本審査をしているケースが多く、事前審査のように二段階の手続きを踏むことが少ないのが実際です。
ですが住宅ローンとなると事情が変わってきます。金額が大きくなるのもその理由ですが、それ以外にもうひとつ大変重要な理由があります。それは貸し手側の事情ではなく、借り手側の事情です。

信用情報の調査

新築にしても中古にしても、マイホームが欲しいと思って購入を決断する際に住宅ローンが借りられるのかどうかは購入を決定する重要な要素です。どんなに欲しいと思っていても自己資金で全額支払うのが無理な人がほとんどなのですから、住宅ローンを利用することになります。その住宅ローンが通らないのであれば欲しいと思っていても絵に描いた餅です。そこで事前審査が重要となるのです。事前審査においてOKが出ればその物件を購入することを決断することが出来ます。
ご存知の方も多いと思いますが、お金の貸し手側には顧客の信用情報を共有する仕組みがあります。いわゆるブラックリストと呼ばれているもので、ここに信用状態が悪いと記載されている人はお金を借りることが出来ません。考えてみれば当然ですよね、過去にお金を借りて返さなかった人や払いが悪かった人にお金を貸したいはずがありませんから。
住宅ローンの事前審査でもこのブラックリストに名前がないかどうかを調べることになります。過去に消費者金融で焦げ付きがあったり、クレジットカードで滞納・未払いがあったりするとこの事前審査で引っ掛かります。

本審査

本審査では所得の証明書類などが必要になるのですが、事前審査ではそれが必要ありません。ということは、逆に考えると事前審査というのはその人の本人確認(本当に名前や住所、勤務先が合っているかどうかの確認)、そしてその人がブラックリストに記載されていないか、この2点が審査対象となります。
ひとつ注意したいのは、事前審査にパスすればほとんどの場合、本審査もOKになるのですが、中には虚偽の申告をしていたことが発覚したり、都合の悪いことを隠していたなどの理由で事前審査にはパスしたのに本審査でアウトになってしまうこともあります。その他の理由でも本審査がアウトになることもあるので、100%ではないことを認識しておく必要があります。

住宅ローンの事前審査